洪水災害発生!その時、本当に自分と家族のいのちを守れますか?

~洪水災害からの避難を考えよう~

オンライン de 家族ぼうさい会議

ダウンロード
オンラインde家族防災会議
online de kazokubousai HP.pdf
PDFファイル 3.1 MB

~洪水災害からの避難を考えよう~オンラインde家族ぼうさい会議

①7月12日(日)10:00~12:00は終了しました。 ②8月8日(土)10:00~12:00 ※絶賛募集中

 ※オンラインでのイベントです。

参加費:無料   定 員:各回30世帯(先着順)  申込締め切り:各開催日の2日前

対 象:長岡市内の小学校4年生~6年生とその保護者

主 催:長岡市、NPO法人ふるさと未来創造堂

内 容「絶対に逃げ遅れない家族になる!」

    洪水災害から命を守る3つのステップを、家族で一緒にまなぼうさい。

    洪水ハザードマップで自分の地域について知り、それぞれの家族の

    「最適な早めの避難」を考えます。

    「いつ・どのタイミングで・どのような準備や行動をするか」

    具体的な避難行動を相談し、絶対に逃げ遅れない「我が家の防災タイムライン」を作成します。

 

参加の流れ:①以下の申込方法をご覧いただき、申込を行う。

      ②申込受付のメールが「info@furusato-mirai.com」が届いたら、

       届いたことを確認するため返信する。

      ③お申込み時の住所に資料が郵送で届きます。

      ④ZOOMでご参加の方には、参加用のミーティングIDやパスワードがメールで届きます。

       YoutubeLiveでご参加の方には、視聴用のURLがメールで届きます。

      ⑤当日、ご家族で④の参加方法で参加する。

 

 

申込方法:以下のいずれかの方法でお申込みください。24 時間以内にこちらからご連絡をさせていただきます。

     いずれの方法でも「info@furusato-mirai.com」からのメールを受信できるように、設定をお願いします。

 

①Google フォームから申し込む

  以下のアドレスから申し込みください。

  https://forms.gle/Qs9gcMnMSXUqF14P9 

 

②E メールまたはFAXで申し込む

  以下の必要項目を入力し、「info@furusato-mirai.com」宛てにメールをお送りいただくか、

  FAX番号(0258-94-4582)にFAXをお送りください。

 

  ・メールタイトル「オンライン家族防災会議の申込」

  ・必要項目 「E メールアドレス」「申し込む講座日」「代表者氏名」「お子さんの氏名と学年」

        「郵便番号」「住所」「 当日連絡のつく電話番号」「参加方法(Zoomまたは YouTubeLive)」

          ※お申込み完了後、前日までに当日使用する資料を申込時のご住所宛てに送ります。

 

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せください。


第1回オンラインde家族ぼうさい会議の様子(7/12(日)10時~12時)

【防災玉手箱】イベント オンラインde家族ぼうさい会議「洪水災害から命を守る避難行動計画を考えよう」

2020年7月12日(日)10:00~12:00 参加世帯:10世帯

長岡市内小学校4~6年生の児童と保護者を対象に、

イベント「オンラインde家族ぼうさい会議」を開催しました。

 

私たちの住む新潟県でも大きな被害のあった7.13水害から16年。

毎年のように各地で起こる洪水災害。今も九州・岐阜・長野等で大変な被害が出ています。

 

「かつての被災市として、絶対に逃げ遅れない家族になる!!」

 

20年6月に配布された新長岡市洪水ハザードマップを一緒に確認しながら、川ごとに地図あるのはなぜだろう?この色は?このマークはなに?河岸浸食って?などを実際の被害写真で紹介しながら、洪水ハザードマップが伝えていることを確認しました。

 

より安全な避難行動を考えるためには、自分の住んでいる場所が川が溢れるとどうなるのかを知ることから。

長岡市独自の避難行動「長岡方式の避難行動」の説明をし、川ごとに異なる「適切な避難行動」を話し合いました。

 

「○○川が溢れそうなときは自宅の2階やその上に避難します」 

「自分の家は△△川でも、〇〇川でもどちらの川があふれたとしても、自宅では助からないから早めに親戚の家に行く」

「私の家は自宅の2階に避難する。それでも情報を見てダメそうなら近くの避難所へ行く」

発表から、川ごとに命を守る行動が変わることへの理解が深まったことが伝わりました。

 

地震と違い、洪水災害はある程度は予想が可能です。情報を集めることで、適切な早めの避難行動ができ、命を守れます。

でも、、「いつ、どのタイミングで避難したらよいのか。」「色んな情報があるけど、よくわからない…。」 

TVやラジオ、インターネット等で届く情報の内、「警戒レベルと避難情報」を中心に、様々な情報が何を意味するのかを確認。

川の水位が気になる。けど、絶対に見に行ってはダメ。川の水位情報を確認できる防災アプリなどを紹介しました。

避難するにはどんな準備が必要なのか。普段からの準備は、防災グッズだけじゃない。家族との約束事も大切。

洪水災害から命をまもる「適切で早めの避難」をするための「備え」について考えました。

 

最後に家族で「わが家の防さいタイムライン(洪水マイ・タイムライン)」を作成!

小グループに分かれて、発表し合いました。以下は、発表内容の一部です。

「警戒レベル2が出た時には家族でバラバラの時の連絡や行動などを確認しておく」

「信濃川があふれると氾濫流区域だから、信濃川早期警戒情報が出たら車で水に浸からな場所に逃げる」

「警戒レベル3の時には近くにすんでいるおじいちゃんおばあちゃんを連れてくる」

「警戒レベル3の時に車で高い場所に避難できていなければ、ただちに避難場所へ避難する」

 

その他、「大雨・洪水注意報がでたら、持ち出し品の中身を確認して買い足す」

「市の発表する避難情報だけに頼らない。河川ライブカメラや気象情報、外の雨の降り方などを確認しながら、

自分たちが危ないと思ったらすぐに避難する」など、家族間での意見交換もありました。

 

保護者の皆さまからは「長岡方式の避難行動を初めて知った」「川ごとに避難行動が違うことを初めて知った。自分の両親にも教えたい。」「貴重な話を聞けたし、何よりも家族で話し合うこと機会ができた。参加してよかった」等の感想をいただきました。

ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

 

次回のオンラインde家族ぼうさい会議は、「8月8日(土)10:00~12:00」です!

 

自然災害はいつ起きるかわかりません。

絶対に逃げ遅れない家族になるために、家族ぼうさい会議は絶対に役に立ちます!ぜひお申込みください!

※事前に資料を送付させていただく関係上、お申込みは2日前までとなりますので、ご注意ください。

【お申込みはこちらから】

⇒ https://forms.gle/Qs9gcMnMSXUqF14P9

 

各種ハザードマップを活用した学習や、洪水マイ・タイムラインの作成に関する学校への出前講座も可能です。

 

※長岡市立の小・中学校以外への出前講座は、講座費用がかかります。

 

時間や対象学年に合わせた内容を、学校と相談しながらプログラムを作成します。お気軽にご相談ください。

続きを読む