【防災玉手箱】長岡市立山古志中学校防災教室

平成29年9月27日(水)

長岡市立山古志中学校にて、全学年を対象に「避難所の課題を知り、地域のために自分ができることを考える」をテーマに防災教室を行いました。

 

今回は避難所運営ゲーム(HUG)を使った学習です。

 

★避難所運営ゲーム(HUG)とは?

避難者の年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所の体育館や教室に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを模擬体験するゲームです。

(防災玉手箱【参考資料15-1】ふじのくに「HUGってなぁに」より)

 

山古志中学校が避難所になったと想定し、地域の被害状況・避難所の様子・災害用で使えるもの・避難者の状況を説明し、グループで役割分担(隊長、書記など)を決めた後、ゲーム開始です。

 

次から次へと避難所にやってくる避難者の対応、避難所で起こる様々な出来事(物資がどんどん届くなど)に対して、グループのみんなで協力しながら、一生懸命取り組んでいました。

 

最後に、私たちが災害時に避難所でできることを考え、「物資を運んで配ること。なぜなら、子供が笑顔で配るとみんなも笑顔になるから」など心が温かくなる発表をしてくれました。

 

全学年とても仲の良い山古志中学校の生徒の皆さん。そのチームワークのよさで、山古志の地域をぜひ支えてくださいね!