【防災玉手箱】長岡市立大島小学校

長岡市立大島小学校5年生総合学習の中で、語り部の講話を2回行いました。

①平成30年9月12日(水)10:40~11:25

NPO法人くらしサポート越後川口の中村充様より、中越地震当時小千谷で被災された時のお話をしていただきました。

 

イラストを使って、部屋にあった本棚が倒れてきたことや、入り口がふさがって、真っ暗の中手探りで部屋を出たこと等をお話いただき、こどもたちはとても驚いていました。

 

また、避難所には行かず、車中泊をした時の様子や塾の先生の片付けの手伝いをしてとても喜ばれた経験から、「こんな自分にも何かできる」と気づいたこと等をお話いただきました。

最後に日ごろから地域の人とのつながりが大切だとメッセージを残してくれました。

中村様からの講話の後、そなえ館で学習を行いました。

そして、「自分たちにどんなことができるか」を考えるきっかけに、講話を行いました。

 中越地震をきっかけに、「地域のために」活動している方、「県外の被災地のために」活動している方、2名よりお話いただきました。

 

②平成30年10月10日(水)10:40~11:25

 

 「青葉台連合町内会長 畔上純一郎様より」

 

〇地域での取り組み

・各家庭に赤い旗を配り、赤い旗が出ている家は避難が完了の印

・地域の人にカードを書いてもらい、普段どの部屋で過ごすことが多いか、

 緊急時はこの入り口を壊して入っても良い等の情報も記載されている

〇中学生の役割

・中越地震の時中学生に声をかけたら手伝いをしてくれて、とても助かった

・地域の訓練に日頃から防災リーダーとして中学生も参加している

 

災害は防げないけど、日ごろの備えで被害は少なくすることはできる。とメッセージをいただきました。

こどもたちからは

「地域の協力で、多くの人が助けられるということが分かりました。1人じゃなくてもみんなと協力すればできるんだなと思いました。」

「赤色の旗やカードを地震の時のために用意することがすこいと思いました。地域の防災訓練も大事だと思いました。いざという時のために、地域の方と協力することができるようにまずあいさつをしたいです。」等の感想がありました。

 

 

「川口在住 平澤康宏様より」

 

〇中越地震が起きた時の様子

・仕事中、突然の大きな揺れで電気も一斉に止まった。自分の家は大丈夫だろうと

 車を走らせたが、近づくにつれて映画の中のような光景が目に入ってきた。

 途中小千谷で知らない人の家にお願いし車を停め、歩いて川口まで帰った。

・自衛隊の人がいっぱい来て、助けてくれた。

・「支援物資」と書かれた段ボールが届いた時、涙があふれた。

〇地震後に友人と始めた活動

・多くの人に支えられた。「ありがとう」を伝えたい。

 追悼式典をみんなではじめたこと。

・東日本大震災の時、届けることのできない古着が、物資を集めている場所に

 たくさん届いていることを知った。みんなの想いを届けたい。

 フリーマーケットでその古着を売り、(被災者には代金はもらわず持って行ってもらった)寄付をしたこと。

 

みんなにもきっとできることがある。特別な事じゃなくていいんだ。との言葉を、こどもたちが真剣なまなざしで聞いていました。

こどもたちから

「私は何か特別な事じゃなくて、自分たちにできる事をすると思う気持ちがすごいと思いました。私はみんなにも自分たちにもひがいにあわれた人たちのために何かできることを伝えたいので防災ポスターを作りたいと思いました。」

「私は平澤さんが最後にお話しした、地震から学んだことは「生きる」「助け合う」ということは大事だなと思いました。自分でやってみたいことは、募金活動をしてみたいです。」などの感想がありました。