【防災玉手箱】長岡市立川口小学校

長岡市立川口小学校の防災メモリアル旬間の中で、防災教室を実施しました。

 

①10月9日 全校朝会にて、今日からはじまる防災メモリアル旬間に向けて、川口地域の吉原昌隆様より中越地震の講話を行いました。

 

②10月19日 1限:低学年、2限:中学年、3限:高学年

を対象に防災学習を行いました。

 

低学年の主なテーマは「地震からの身の守り方」です。

学校内外、お店、自宅の中での地震からの身の守り方を学習した後、友達と公園で遊んでいた時に地震が発生した時どのようにして身を守るかグループで話し合いを行いました。

 

中学年は「避難所での困りごとを知り、小学生にできること」を考える学習です。

まず中越地震の時に川口地域の人で助け合って生活したことや、避難所の様子、小学生や中学生の手伝いの様子を伝えました。

避難所では、どんなことに困るか、また小学生にどんなことができるかをグループで考え、発表を行いました。

 

 

高学年は「災害から自分の家族、下学年、地域の人を守るために自分にできること」を考える学習を行いました。

まずは、防災玉手箱の貸出DVDを見ました。

(東日本大震災の被害の様子や津波発生のメカニズム、実験映像での津波の破壊力、釜石市鵜住居地区の様子と被災体験談、釜石の奇跡の立役者となった中学生の声など)

 

その後、具体的な状況設定を伝え、災害発生時の行動についてグループで考えました。

まずは自分の身を守ることが第一、そして揺れがおさまった後は周りの人に声をかけ避難することを伝えまとめました。

 

普段の生活とつなげながら、こどもたちが自分ごととして意識しながら学習を行っていました。

 

災害の経験がない子どもたちにどのように語り継いでいくか、また実際に災害が起きた時、自分の身を守ることができる学習にするために、先生方と一緒に学習を考えていきたいと思います。