【防災玉手箱】長岡市立刈谷田中学校

平成30年11月15日(木)長岡市刈谷田中学校にて、

火災想定の避難訓練が行われました。

 

避難訓練後に、長岡市消防署による消火器体験(代表者)と長岡市防災玉手箱地域サポーターによる煙体験(全員)を行いました。

 

地域サポーターとして、坂谷辰己氏(元消防士)・大港要一氏(防災士)

が担当しました。

 

消火器体験コーナーと煙体験コーナーに分け、学年ごとに順番に体験しました。

体育館の一角(パーテーションで仕切ったスペース)で煙発生機を使い、地域サポータで体験場所を作りました。

 

 

坂谷氏より、煙の中の避難について説明し、順番に煙の中を通りました。

低い姿勢で、煙を吸わないようにハンカチ等で口をおおい、壁づたいに避難をします。

中に先生が入り、「見えるか?」と生徒に問いかけても真っ白で何も見えません。

実際に体験し、煙の中で避難することの大変さを実感できたようです。

 

煙体験を希望される学校はふるさと未来までご連絡ください。(目安の時間としては、生徒70人で20分程度になります。)