【防災玉手箱】長岡市立阪之上小学校

平成31年3月11日 13:45~14:30

長岡市立阪之上小学校にて、全校防災講座を行いました。

 

①津波のおそろしさを知ろう

東日本大震災と新潟地震の津波による被害写真を見せ、新潟地震で4mの津波が新潟市を襲ったことを伝えました。

津波を模した教材で実際の高さを確認したり、津波の速さや避難方法等を伝えたりしながら、予備知識を学びました。

 

②自分も家族も100%命を守れる方法を考える

全校の縦割り班(村)で、提示したシチュエーションを基にホワイトボードを使って話し合い活動を行いました。

 

③全体で発表した後、防災玉手箱地域サポーターの中澤直子氏より一言いただき、「事前に約束をしていなければ、地震が起きて津波が来る可能性があれば、親はこどもを絶対に探す。」という言葉から、再度こどもたちに問いかけると、「事前に相談しておけばいい!」という声があがりました。


自分の身は自分で守ることを一番に考え、そして家族全員が命を守るために、家族で話し合いをしてくることを約束しました。