【長岡市立中島小学校】洪水避難訓練+防災講座

2019年9月4日(水)9:30~10:10

長岡市立中島小学校にて、洪水災害を想定した避難訓練がありました。

 

「大雨による信濃川堤防決壊の恐れ、避難勧告あり」という想定で、校舎4階への避難訓練をしました。

「お・は・し・も・て」が徹底され、みんな静かに避難ができていて素晴らしい訓練となりました。

 

訓練後に玉手箱サポーターの小林俊晴氏より、

地震と違い大雨は予測できる災害であること、その情報を基に行動することを伝えていただきました。また、「大雨が降ると側溝の水があふれるから、日ごろから家の周りの側溝の掃除をしておくと良いよ」など身近な危険への対応もお話いただきました。

 

その後は全校防災学習。

講師:NPO法人ふるさと未来創造堂 中野雅嗣

 

写真資料等から大雨による洪水災害の危険性や、中島小学校の周りは何メートル浸かる可能性があるのかな?どこに逃げる?など話し合いを行いながら、自分の命を守る行動について学習しました。

「近所の高いところに逃げよう!」「マンションやアパートに逃げたらどうかな」と

昨年よりもさらに真剣に取り組んでいる中島小学校の子どもたちと先生方の姿を見ることができました。

 

最後に校長先生からは「何かあったらとにかく逃げる。これが一番大切」と、お話しがありました。

家に帰ったら、「大雨になりそうな時どう行動しようか」「どんな準備がいるかな」と家族で話し合いをすることを伝え終了しました。