【防災玉手箱】長岡市立上塩小学校 全校防災学習防災グッズ作り

2019年9月18日(水)8:45~9:30

長岡市立上塩小学校にて、洪水をテーマに全校防災学習を行いました。

 

過去の洪水災害の写真資料を見ながら、大雨が降り続くとどのような災害が起こるのか、また洪水の怖さや命を守る行動について学びました。

 

災害時、上塩小学校は避難所となります。

安全に避難するために、通学路などで浸水しやすい場所や危険か所を知っておくことも大切なことだとお話をしました。

 

講話後、地域サポーター3名と一緒にビニール袋で雨がっぱ作りをしました。

暴風雨時は、傘は使えません。身近にあるもので簡単に作れる防災グッズに、子ども達は真剣に取り組んでくれました。

 

洪水災害は、予想ができる災害です。早めの避難で命を守ることができます。

ご家庭でも、災害時の行動についてぜひ話合ってみてください。