【防災玉手箱】長岡市立南中学校

2019年10月23日(水)14:00~15:00

長岡市立南中学校にて、全校防災学習を行いました。

 

語り部の山岸麻美様より、中越地震・中越沖地震の被災体験談を話していただきました。

 

当時コンビニでバイト中に地震が発生し、カウンターにしがみつくことしかできずにいたこと。

自宅は食器棚が倒れ、停電もしていて余震も何度もあったため、近所の人たちと住宅街の道路脇で車中泊をし、食べ物を分け合ったり、重機を使える人がトイレ用の穴を各家庭に掘ってくれたり、集落のおばさんたちが炊き出しを作ってくれたりと、日頃からのつながりで災害時もみんなで助け合うことができたのだと教えていただきました。

 

「自分には災害は起こらない、大丈夫だろう、ではなく、避難訓練や防災訓練を通して、大切な自分の命をしっかり守ってほしい。」とお話してくださいました。

 

最後に玉手箱サポーターと一緒に、身近な物を使った応急手当の体験をしました。二人一組でけが人役と手当する役を交代して、止血方法や骨折時の対処法を学びました。「止血はもっと強く押さえたほうがいいですか」と質問をしてくれたり、「ビニール袋ってこんな使い方ができるんだ」と、みんな積極的に取り組んでくれました。

 

地震はいつ起こるか分かりません。「緊急地震速報」の数秒後には揺れ始めます。その数秒で、机の下に隠れる、落ちてこない・倒れてこない場所に移動をする等、一歩でも命を守る行動をとるよう伝え終了しました。