【防災玉手箱】長岡市立青葉台中学校

2019年10月3日(木)14:45~15:35

長岡市立青葉台中学校にて、全校207名による防災講座を行いました。

 

まずは過去の洪水災害の写真を見て被害の様子を知り、ハザードマップから青葉台中学校区内には土砂災害の危険箇所があること、そして身の守り方について学びました。

 

洪水災害で亡くなった人の8割は逃げ遅れです。

どうしたら地域みんなの命が守れるか、みんなで考えました。

 

宮本町連合町内会長の高橋清一様と青葉台連合町内会長の畔上純一郎様に来ていただき、災害時の地域の状況や中学生への願いについてお話をしていただきました。

 

青葉台地域では中学生が防災サポーターをしていて、地域の避難訓練にも積極的に参加をしています。

日頃から、地域と中学生の顔の見える関係性が災害時にも大切だと教えていただきました。

 

最後に地域サポーターから、身近なものを工夫して作る防災グッズとして、輪ゴムとキッチンペーパーを使ったマスク作りを教えてもらいました。土砂災害後の粉塵や、避難所での感染を防ぐためにもマスクはとても大切です。

毎年できることが増えていく青葉台中学校の皆さんのこれからの活躍が楽しみです。