【防災玉手箱】長岡市立小国中学校

2020年6月11日(木)13:50~15:20

長岡市立小国中学校にて全校防災学習が行われました。

 

コロナ感染症対策をふまえ、どのような活動ができるか先生と相談し、以下の活動を行いました。

 

学年ごとのグループに分け、3つの活動を体験、学習。

①起震車体験

②避難所と避難者について考える学習

③避難所の様子について知り、工夫を体験

 

①は長岡市危機管理防災本部、②は学校の先生、③はふるさと未来創造堂のスタッフが担当しました。

 

 

 

事前に体育館内に、避難所での1人分のスペース2m×2mの場所にテープを貼り、目印をつけました。その場所の中で自分のスペースを作るために段ボールパーテーション作りを行いました。

 

プライベートの空間としてだけでなく、今回のように感染症対策にもなることを伝えたり、

実際の避難所の写真を見せながら避難所生活の様子を伝えたりしました。

工夫しながら災害時もみなが少しでも安心安全に暮らすため中学生の協力も必要なことを実感していた様子でした。