【防災玉手箱】長岡市立栖吉小学校 洪水マイタイムライン講座

2020年7月20日(月)9:35~10:20、10:40~11:25

 

長岡市立栖吉小学校にて、第5学年を対象に「わが家の防さいタイムライン」の作成をしました。

 

まずは近年の洪水災害についてのお話や、7・13水害の映像を見て、川があふれたとき自分の住んでいる場所がどうなるのか普段から知っておくことの大切さを学びました。

 

洪水ハザードマップは川ごとに作られているということと見方を学び、自分の家がどこにあるのか探してみました。あふれる川によって浸水する深さや範囲が違うため、川ごとにどの程度浸水するのか等を調べてプリントへ記入し、近くの避難場所も確認をしました。

 

河川の増水状況を直接見に行く人がニュースで映されることがありますが、とても危険な行為です。確認する場合は、テレビやラジオ、インターネットやアプリを活用することを伝えました。

 

休憩をはさみ、後半はいよいよマイタイムラインの作成です。

 

避難情報(警戒レベル)の種類と意味を確認し、どのタイミングでどのような準備や行動をするか考えました。

作成してみて分かったことを発表しました。

 

家族全員が自分たちの命を守れるように、家族と話し合ってわが家のマイ・タイムラインを完成させることを伝え、終了しました。