土砂災害に関する学習紹介

・地域防災力の向上を視野に入れた、

人づくり、地域づくり、まちづくりに関する講座や研修会の開催

・防災に関する訓練・イベント等の企画・実践 等

【防災玉手箱】長岡市立三島中学校

平成30年11月14日(水)5、6限

長岡市三島中学校にて、土砂災害に関する避難訓練が実施されました。

その後、長岡市防災玉手箱講師を活用し、土砂災害に関する講話を行いました。

 

まずは、連日の雨で避難準備情報が発令されたことを想定し、避難訓練を行いました。学校から三島体育センターまで全員で避難しました。

 

そのまま三島体育センターにて、

講師 樋口勲氏(㈱エコロジーサイエンス)より「土石流災害を考えよう」というテーマで講演いただきました。

 

土砂災害の説明やハザードマップの見方、三島中学校周辺の危険か所、避難経路、避難場所についてのお話がありました。

最後に「個々の避難するタイミングを考えよう、そして平日昼間みんなは何ができるか」

「中学生は地域を知り、人を知り、地域の力と成りえる」というメッセージをいただきました。

【関川村立関川中学校】まち歩き防災マップ作り

平成30年10月21日(日)関川村立関川中学校にて、

まち歩き防災マップ作りの学習を行いました。

 

この日関川村では、総合防災訓練があり、その日に合わせて関川中学校では防災学習を行いました。

 

地震、火事、土砂、洪水、防犯の5つをテーマに全校で学習を行ったあと、それぞれ自分たちの住む地域にバスや車で向かい、まち歩きを行いました。

関川村全体が関川中学校区のため、通学に40分かかる生徒もいます。

 

自宅の近隣で約40グループに分かれ、

地域の方や先生、保護者が一緒にグループに入り、地域のことを教えてもらいながら、まち歩きを行いました。

 

続きを読む